子供の永久歯の虫歯予防をするために!期待できる対策方法について

子供の永久歯の虫歯を見つけたときのママのショックは、大きなものです。これ以上進行しないためには治療が一番ですが、同時に虫歯予防をしっかりする必要もあります。

 

虫歯から守るためにできることを、原因や具体的な対策方法見ていきます。

毎日歯磨きしてるのに虫歯になってしまった!もう遅い?

子供の歯が乳歯から永久歯に変わると、虫歯予防への必要性が一層強まってきます。

 

永久というくらいなので生え変わることはなく、持っている歯を一生涯に渡って使っていきます。そんな大切なものだからこそ、絶対に虫歯にはしたくないものです。

 

しかしそんなママの思いをよそに子どもは甘いおやつが大好き、そして歯磨きと歯医者さんが大嫌いです。大変な思いをして毎日頑張っているのにどうして?とがっかりしてしまいますね。

子供の虫歯メカニズムとは

子供の虫歯を放置するのは言うまでもなくとても危険なことで、後で取り返しのつかないことにならないように子供の虫歯について少し学習してみましょう。

子供の歯は虫歯になりやすい

子供の歯は生まれて半年くらいから生え始める乳歯から始まり、6歳ころになると乳歯が抜けて永久歯が生え始めます。小学生の間に2種類の歯が抜けては生えてを盛んに繰り返し、中学生くらいをめどに永久歯が揃います。

 

乳歯は永久歯に比べると石灰化度が低いため、柔らかくもろいです。そのためミュータンスという虫歯菌が、容易に侵入できてしまいます。

 

さらに奥歯の溝も細くて入り組んでおり、虫歯の餌となる食べかすや糖分などが入り込みやすく、またブラッシングもしにくい位置にあります。子供の口の中は常に虫歯菌が繁殖しやすい環境であることを心に置いていましょう。

歯医者を嫌がるからといって放置は厳禁です

子供に限らず、大人でも歯医者嫌いは多いです。あの独特の機械の甲高い掘削音やほんのり漂う薬品のにおい、診察椅子に座った時の特有の感覚が苦手という声は少なくありません。

 

歯医者で泣き叫ぶ子供に疲れ果ててしまい、もう連れて行く気力もなくなってしまったので放置したところ、虫歯が進行してしまいかえって大変な思いをしたというエピソードもよく聞きます。

 

しかし虫歯で柔らかくなった歯はより早く神経に到達してしまいます。それほど進行してしまったらもう治療しない限り治ることはありません。歯に限っては、自然治癒などありえないのです。

一度虫歯になったら、再発してしまう恐れも?!

虫歯とは歯に起こる感染症なので、ひとたび口内でミュータンスが繁殖すると歯や神経だけでなく、周辺にもあちこちに感染します。

 

一度放置して進行すると根治には長期間かかります。その間に乳歯が虫歯になると、その歯茎や神経周辺に残っている菌が原因となり、次に生えてくる永久歯もまた虫歯になりやすくなる悪循環に陥ります。

その他にもこんな弊害が出てきます!

さらに歯並びにも影響を与えます。歯並びにデコボコがあるとその部分にどうしても食べかすや歯垢などが溜まりやすくなり、ブラッシングもやりづらくなります。そうなると虫歯菌がより繁殖しやすい口内環境を作ってしまい、歯列矯正にまで進行すると歯医者に通うための時間と費用も膨大なものになります。

 

虫歯菌の最も怖いところは、一度繁殖すると1つの歯だけでなく、周辺の歯や歯茎にも影響を与える点です。

大切な歯を虫歯から守るためにできること

子供の歯を虫歯にさせないために大切なことは次の3点です。

★定期健診
★毎日のブラッシング
★歯磨き粉の見直し

1つずつ、ポイントを見ていきましょう。

定期健診

歯医者は歯の専門家ですので、彼ら以外に歯の相談にのれる医者はなく、虫歯にならないためには避けて通れません。

 

子供の場合、歯医者と聞くだけで身構えてしまうなんてこともありますが、最近の歯科医はとてもやさしいので児童心理についても心得のある先生が多いです。見るだけだよ、痛いことしないよ、あの先生はやさしいから大丈夫だよなど声をかけて不安を取り除いてあげましょう。

 

また診察椅子に座った時、傍にいられたら邪魔にならないように手をそっと触れてあげるなどすると、少し落ち着くようです。

 

はじめは大変かもしれませんが虫歯になったらもっと大変、虫歯がないことを証明するという、前向きな気持ちで構えていれば子供も安心するでしょう。

はみがきのポイント

毎日の歯磨きは仕上げつきで丁寧にやりましょう。子どものうちはまだ手先が器用ではないため、自分一人で歯磨きするのは至難の業で、虫歯になりやすい部分の歯は特に大変ですよね。

 

ポイントは年齢に応じて、オーラルケアの方法を使い分けることです。

 

歯ブラシを持ち始めるのは個人差がありますが、平均的に3歳くらいです。それまでの年齢の子供は、仕上げ磨きを嫌がる、じっとしていられないなど物理的に難しい面があります。

 

そんな活発な年代の子供には、歯ブラシではなく、ペーパー状の歯磨き粉を使うと便利です。ウェットティッシュのような形状になっていて、清潔にした利き手の人差し指に巻きつけます。子どもの口腔内に慎重に入れ、歯の面を満遍なく優しく拭いていきましょう。

 

また、子供によっては口をゆすぐことが困難な場合もありますが、歯磨き粉の中にはすすぎが不要のものもありますので上手に活用すると憂鬱な仕上げタイムが気楽になります。

歯磨き粉にも注目!

さらに使用する歯磨き粉にも注目してみましょう。ただつけて磨くだけではなく、虫歯の予防に効果の期待できる成分が入っているかも見極めましょう。

 

その代表的なものには、フッ素含有のものと言われています。確かにフッ素コーティングすることによって、虫歯の原因菌をつきにくくすることができるでしょう。

 

しかし実はフッ素以外にも虫歯予防に期待される成分があります。

 

緑茶に含まれるカテキンもまたフッ素に似た効能が見られ、その他に歯垢をつきにくくするなど良い影響があるようです。

 

また最近ではミュータンスそのものが生育しにくい環境にするブリス菌という新たな発見もあるなど、子どもの歯磨きをとりまく研究は進化しています。

口コミで話題の虫歯菌除去用成分配合の子供用歯磨き粉『ブリアン』

口腔ケアを子供のうちに習慣付けることのメリット

歯磨きなどで口の中を清潔にする習慣を早いうちにつけさせると、意外な部分でメリットがあります。

 

子供のうちは歯の成長もまだ発達の途上にあり、全ての歯が生え変わるまでは口腔内の環境も十分に変化します。

 

また大人が管理できる部分もまだ多く、オーラルケアを躾の一環として身につけさせやすいです。完全に永久歯になってしまう中学生くらいまで放置していくと大変で、この時期は思春期や、男女問わず精神的に親離れする反抗期に入ります。そうなると親がコントロールできる時ではありませんよね。

 

早い段階で歯磨きを癖付けていれば、虫歯予防だけでなく口臭を防ぐ手段にもなるなど、臭いに敏感な年ごろになって口の中を清潔にする習慣がついてきます。

 

虫歯予防はいつやっても早すぎることはありません。

 

子供の歯に関する問題は気づいたときがまさにタイミングで、そのためには日々の積み重ねが大切になります。丁寧な歯磨きはもちろんですが、歯磨き粉を使っていつものケアをさらにパワーアップさせるといいですね。

 

市販品以外にも、最近はより進化した歯磨き粉をネットで手軽に買うことができます。大切な子供の歯を守るために、今日からでも遅くないのでぜひ綺麗なお口を習慣つけましょう。

口コミで話題の虫歯菌除去用成分配合の子供用歯磨き粉『ブリアン』

コメントは受け付けていません。