顔のシミを消すには男性のわたしがとった方法とは

私の悩みは顔のシミです。シミを気にしだしたのは30代前半からなので、かれこれ10数年悩んできました(現在の年齢は46歳です)。

 

最初にシミが目立ちだしたキッカケは肌荒れです。

 

私はこの頃に乾癬という皮膚病を発症し、肌荒れを起こしやすい体質へと変化してました。乾癬って遺伝性の強い皮膚病なんですが、男性だと30代ぐらいから発症する人が多いとの事。私もこんな感じで30代に入ってから乾癬を発症したわけです。

肌荒れなんてと軽く考えていた・・・しかしその後シミが

ただ今まで肌荒れなんて起こしたことありませんでしたし、急に肌荒れが出来てもそのうち治るだろうと軽く考えてました。

 

しかしなかなか治りません。

 

こういう状態が長く続けば色素沈着が起きてシミが出来る、今ならこのメカニズムを把握しています。
しかし当時はそんなこともしらず、頬っぺたの炎症を放置し続けた結果大きなシミとなりました。

皮膚科で診察を受けて色素沈着したシミは?

皮膚科で診察を受けてステロイド入りの軟膏を処方してもらいました。しかし炎症は治っても色素沈着したシミは取れません。

 

右頬っぺたの下という顔中心部に近い所でシミが出来たのは本当にショックでした。

 

このシミがあるだけでも相当なコンプレックスなのに、40代前後になると目と耳の中間地点にもシミが出来るように。

 

正面から見るとわかりにくいですが、横から見るとものすごく目立つですよね。

シミができた原因は乾癬という皮膚病のせい体質は変化していた

一番のコンプレックスとなってる頬っぺたのシミは、炎症ケアを怠っていたのが原因でした。生まれてから30代前半まで炎症を起こしたことはあっても長期化したことなんてありません。その結果色素沈着してシミが出来るなんてことも未経験でした。

 

ですので、炎症なんてすぐ治るだろうと軽く見てしまったんですよね。実際は乾癬という皮膚病のせいで体質は変化していたんですけどね。それに気づかず炎症をスルーしていたのがダメ過ぎました。

 

もっと早く皮膚科で診察を受け、薬を塗布していたらここまで酷い状態にはならなかったのにと後悔しています。
恐らく色素沈着する前に炎症を改善出来ていたと思います。

 

40歳前後から出来始めた顔のシミは加齢によるものだと考えます。これは年齢的なものもありますし、普段からUVケアしていなかったのが原因だと思います。

顔にシミがあるとことですごく老けてみえのがイヤだった

顔にシミがあるとものすごく老けてみえます。高齢の方って顔にシミが多いですよね。

 

特に女性と比べてスキンケアを怠りガチな男性だと、その傾向が強く出ます。顔に出来たシミを見ると、私はこういった高齢男性を連想してしまうんです。

 

まあこれは私の勝手なイメージもあるんでしょうけどね。鏡を見る度に老けた顔してるな・・とガックリきてました。

周囲の人から顔にシミが出来たね~なんて話題は振られません。しかしこういうデリケートな話題って他人に言えませんよね。

 

他人から言われないからといっても、自覚出来るほどですから周囲の人は何らかの印象を持ってるはずです。
周囲の人は口に出さないだけでシミ凄いね~と心の中では感じてるでしょうし、外見的にもマイナスになってると感じてました。

シミを消すためにどうすればいいか模索する日々

皮膚科で塗り薬を処方してもらいましたが、効果はありませんでした。あくまで炎症に効果があるというだけで、シミ消し効果は感じません。

 

ネットで他の人はシミを消すためにどうしてるのか?と検索しましたが、肌を削って薬を塗るというものが多かったんですよね。

 

健康な肌ならともかく、乾癬持ちの私が肌を削って(傷を作って)というのには抵抗を感じましたし、これは実行しませんでした。

やっと出会えたシミに効果のある市販の医薬品

シミを改善する為に何か方法はないか?と考えていた所、交際中の女性がシミに効果のある市販の医薬品を服用してシミが薄くなったとの事なので私もそれをを購入してみる気になりました。

 

完全に顔のシミが消えてわけではありませんが、シミはかなり薄くなりました。自覚出来るほどなので、周囲からの印象もかなり違うと感じますね。

 

シミが薄くなったからといってイケメンになったわけではありませんが、以前より自分の外見に自信を持てるようになりました。

 

以前より洋服代にお金を掛けるようになりましたし、女性からの対応も良くなったと感じています。

 

商品の信頼性と肌を痛めずにシミ消し効果を得られるかという点です。

 

私は彼女からのお勧めだったので嘘偽りのない、信頼性の高い情報をゲット出来ました。しかしもしこれがネットのクチコミだったら、信頼性は皆無ですからね。

 

不特定多数、しかも利害関係が生じるネットクチコミなんて当てになりませんし、本当に効果があるのか?と疑心暗鬼になって買ってなかったと思います。

 

それだけ情報の信頼性を重視しました。

 

キミエホワイトプラスは医薬品なので、肌を痛めずにシミ消し出来るという点も重視しました。
乾癬という皮膚病持ちの私には、かなり重要な項目です。

キミエホワイト公式サイト

気長に待ってシミ対策

短期間で結果は出ないから気の長い人向けだよと返答します。

 

私は乾癬という皮膚病もありましたから、肌を削ってシミ消しクリームを塗るという短期間でシミを消すという方法は取れませんでした。

 

だから飲むタイプにしたわけです。

 

しかし私のような背景をお持ちでない方からすると、すぐ効果が出ないのは不満に感じるでしょうからね。
効果はあると思うけど、気長に待てる?ということですね。

キミエホワイト公式サイト

コメントは受け付けていません。